×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GPZ900Rとは

GPZ900Rメンテ&カスタムは、1983年12月、アメリカのサーキット「ラグナ・セカ」で、ニンジャのプレス向け発表試乗会が行われ、その圧倒的な動力性能を世界中に知らしめましたGPZ900Rメンテ&カスタムは、翌1984年1月に発売され、爆発的な大ヒットを記録しています。その後のニンジャ=GPZ900Rの大活躍は皆さんご存じの通りですね。GPZ1000RX、ZX-10、ZZ-Rへとフラッグシップの座は譲っても、2003年まで生産が続けられた900Rには、人々の心を引きつける何か特別な魅力が有るのでしょう。GPZ900Rメンテ&カスタムは、私もそれに魅せられた一人であります。そんなラグナ・セカでニンジャを走らせているとまさに、GPZ900Rメンテ&カスタムは当時の熱気がよみがえり、伝わってくるようです。

GPZ900Rメンテ&カスタムとは

GPZ900Rメンテ&カスタムは、また、ニンジャ同志のバトルも注目したいシーンです。色は違えど「キリン」か、「あいつとララバイ(スターダストブラザーズ)」か!?といった感じです。GPZ900Rはコミックスの愛読者なら、感情移入度もハンパではないでしょうね。実際に私もそうですから。気分はまさにチョースケです!GPZ900Rの「バイクだよ!バイクじゃなきゃだめなんだ!!」せめてゲームの中でだけでも「別格」の走りをしたいものです(笑)GPZ900Rは、高めのクッション硬度のウレタンフォームを使用し、長時間ライディングの疲労度を軽減出来ます。GPZ900Rは、新開発の専用型にて独自のスタイリッシュなウレタンフォームを完成しています。 GPZ900Rは、変形の無い完成体でのローポジション形成のため、経年変化による型崩れの心配も無用です。GPZ900Rは、シートベース及びシートレザーは共に純正シートと同等以上のハイクォリティーな仕上がりとなっています。GPZ900Rはシートレザー下には防水シートを張り、ウレタンフォームへの劣化対策も万全です。

カワサキのRGPZ900について

RGPZ900は、カワサキGPZ900RカワサキGPZ900R(ジーピーゼットきゅうひゃくアールは、1984年に市販されました。川崎重工業Iカワサキ(川崎重工業)のオートバイ、新世代スポーツツアラーであります。北米仕様にはNinja(ニンジャ)のペットネームが付けられました。GPZ900Rは、サーキット走行をエンジョイする為のカスタムです。そして、マフラー・バックステップ・FRP外装・ブレーキホースetcの部品と、転倒のダメージを軽減するクラッシュプロテクターのナンバー付です。ツーリングには最高のRGPZ900です。最後にここで、ニンジャ関連書籍を紹介して行こうと思います。GPZ900RNINJAFILEは、1993年12月発行ですがもう絶版になってしまっているようです。12年前の本なので掲載されているRGPZ900のカスタムニンジャやパーツを見てもさすがに古さは隠せませんが、ニンジャカスタムの原点の本のような気がします。

Copyright © 2008 RGPZ900の出来が見事なんです♪